KARATE1プレミアリーグ・ザルツブルク 日本は3個のメダル獲得
  • 投稿カテゴリー:ニュース

2月28日〜3月1日にオーストリア・ザルツブルクにおいて『KARATE1プレミアリーグ2020ザルツブルク大会』が開催されました。

東京2020オリンピック出場権ランキングである「オリンピックスタンディング」の対象ポイント大会で、83の国と地域から、延べ562名が出場しました。

日本選手は、ナショナルチームシニアのオリンピック集中強化指定選手、日本代表候補内定選手および日本代表候補補欠選手の合わせて11名が出場。その中で、金メダル2、銅メダル1の合計3個のメダルを獲得しました。

■大会結果

【日本代表選手の結果】金2銅1
女子個人形:大野ひかる 銅メダル
男子個人形:本一将 金メダル
女子組手-50kg:宮原美穂 金メダル
女子組手-55kg:山田沙羅 3回戦
女子組手-61kg:染谷真有美 7位
女子組手-61kg:森口彩美 1回戦
女子組手-68kg:染谷香予 3回戦
女子組手+68kg:植草歩 4回戦
男子組手-60kg:佐合尚人 3回戦
男子組手-67kg:篠原浩人 2回戦
男子組手-75kg:西村拳 4回戦

■速報は、ナショナルチームFacebookにて

■最新オリンピックスタンディング

■世界空手連盟ホームページ・大会詳報ページ