KARATE1シリーズA サンティアゴ大会 日本は金メダル5つ獲得

9月20日~22日にチリのサンティアゴで開催された『KARATE1シリーズA・サンティアゴ大会』。2019年のKARATE1シリーズAの最終戦となる第4戦、世界中から延べ751のエントリーがありました。

同大会は2020東京オリンピック専用ランキングであるオリンピックスタンディングの対象ポイント大会。世界各国のトップ選手が多数出場しました。

日本からは、延べ63のエントリーがあり、合わせて金メダル5個、銀メダル2個、銅メダル5個を獲得しました。

今大会、日本からは自費参加の選手に加え、JKFジュニアナショナルチームとしては、10月に行われる「WKF第11回世界カデット、ジュニア&U-21空手道選手権大会」にU21の部で出場する日本選手を派遣。ジュニアナショナルチームは世界アンダー21大会の前哨戦と位置づけ、出場選手のうち2名がメダルを獲得しました。

【KARATE1 シリーズA2019 サンティアゴ大会結果】
https://www.jkf.ne.jp/result/sa_santiago_2019

【Sportsdata大会詳報】

https://www.sportdata.org/wkf/ausschreibungen/272/ResultBook.pdf

【日本選手のメダル獲得者】
<金メダル>
女子個人形:大野ひかる
男子個人形:菊地凌之輔
女子組手+68kg:斎藤綾夏
男子組手-67kg:五明宏人
男子団体形:国士舘大学チーム

<銀メダル>
男子個人形:西山走
男子組手-60kg:佐合尚人

<銅メダル>
女子個人形:岩本衣美里
女子個人形:尾野真歩
男子個人形:本一将
女子組手-50kg:多田野彩香
男子組手-84kg:嶋田力斗

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる