3月28日~30日の3日間、埼玉県立武道館(埼玉県上尾市)において、「JOCジュニアオリンピックカップ 文部科学大臣旗争奪 彩の国杯第13回全国中学生空手道選抜大会」を開催いたしました。

中学生の学年別日本一を決める本大会。夏の「全中」に並ぶ中学生の2大大会のひとつで、47都道府県の代表選手1098名が出場しました。学年別男女形組手の全8種目で、大会初日の28日は開会式、29~30日に競技が行われました。

文部科学大臣旗が授与される総合優勝は、男子・大阪府、女子・長野県が獲得しました。

■大会結果

■各種目優勝者
2年女子形:福岡夢心(兵庫)
2年男子形:斉藤梨寿嬉(神奈川)
1年女子形:宇都宮令菜(埼玉)
1年男子形:植田颯真(栃木)

2年女子組手:金森奈央(長野)
2年男子組手:山本隆太(東京)
1年女子組手:野村怜菜(大阪)
1年男子組手:藤田煌(大阪)

写真
2年男子組手 優勝 山本隆太選手(写真右)

写真
2年女子形 優勝 福岡夢心選手

写真
男子総合優勝 大阪府

写真
女子総合優勝 長野県

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる