シリーズA2018上海大会 日本から選手が参加

2月7日~9日に中国で開催された『KARATE1シリーズA・上海大会』。2018年のシリーズA第4戦、80の国と地域から延べ1176のエントリーがありました。また、2020東京オリンピック専用ランキングであるオリンピックスタンディングの対象ポイント大会で、2018年最後となるWKF公式大会でした。

日本からは、過去最多となる132名が出場。合わせて銀メダル2個、銅メダル11個を獲得しました。

【KARATE1 シリーズA2018 上海大会結果】
https://www.jkf.ne.jp/result/sa_shanghai_2018

【世界空手連盟ホームページ・大会詳報ページ】
https://www.wkf.net/karate1-main/40/

【日本選手のメダル獲得者】
女子個人形:岩本衣美里 銅メダル
男子個人形:新馬場一世 銅メダル
男子個人形:林田至史 銅メダル
男子団体形:山梨学院大学チーム 銀メダル
男子団体形:国士舘大学チーム 銅メダル
男子団体形:国士舘大学チームB 銅メダル
女子組手-55kg:石合郁香 銀メダル
女子組手-55kg:中村しおり 銅メダル
女子組手-61kg:久住呂有紀 銅メダル
女子組手-68kg:染谷香予 銅メダル
女子組手+68kg:澤江優月 銅メダル
男子組手-67kg:中野壮一朗 銅メダル
男子組手-75kg:崎山優成 銅メダル