• 投稿カテゴリー:ニュース

10月25日から30日、オーストリア・リンツにて第23回世界空手道選手権大会が開催されます。
2年に一度の世界選手権で、日本代表22選手が出場します。

直前合宿最終日の本日、記者会見を開催し、出場する選手の紹介を行いました。

出場選手は下記のとおりです。

【第23回世界空手道選手権大会 日本代表】

男子個人形:喜友名諒(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会)
女子個人形:清水希容(ミキハウス )
男子団体形:喜友名諒(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会) 、金城新(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会) 、上村拓也(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会)
女子団体形:森岡実久((株)セレ・ナス)、大野ひかる(大分市消防局)、山下紗葵(同志社大学4年生)

女子個人組手-50kg級:宮原美穂(帝京大学2年生)
女子個人組手-55kg級:山田沙羅(大正大学4年生)
女子個人組手-61kg級:染谷真有美(茨城県職員)
女子個人組手-68kg級:染谷香予((株)テアトルアカデミー)
女子個人組手+68kg級:植草歩(高栄警備保障(株))
男子個人組手-60kg級:大西英輝(京都産業大学4年生)
男子個人組手-67kg級:五明宏人(帝京大学3年生)
男子個人組手-75kg級:渡邊大輔(NPO法人日本空手松涛連盟)
男子個人組手-84kg級:荒賀龍太郎(荒賀道場)
男子個人組手+84kg級:香川幸允((株)テアトルアカデミー)
女子団体組手要員:川村菜摘(帝京大学4年生)
男子団体組手要員:飯村吏毅哉((有)綱田牧場)、西村拳(近畿大学3年生)、篠原浩人((株)セレ・ナス)、石塚将也(盛岡市役所)

また、同日には第2回世界障がい者空手道選手権大会が開催され、2選手が日本から出場します。

視覚障がいの部:大庭康資(おおば・やすし)=宮崎県、出場2度目、前回2014年大会銀メダル
知的障がいの部:今在家翔太(いまざいけ・しょうた)=兵庫県、初出場

写真
代表選手一同