• 投稿カテゴリー:ニュース

文部科学省による「スポーツ功労者顕彰及び国際競技大会優秀者等の大臣顕彰・表彰」の表彰式が7月17日、ホテルニューオータニ「芙蓉の間」(東京都・千代田区)で行なわれました。

この賞は、文部科学省が2014年度のスポーツ国際大会で活躍した選手・指導者・団体を表彰するもので、選手338名、指導者135名、6団体が受賞しました。
 
空手道からは、昨年11月に行なわれたWKF第22回世界空手道選手権大会(ドイツ)、また10月に行なわれた第17回アジア競技大会(韓国)での活躍が称えられ、以下の26名が受賞しました。

■スポーツ功労者顕彰(世界大会優勝または世界記録樹立)
<第22回世界空手道選手権大会>
【選手】谷竜一(男子個人組手-75kg優勝)、喜友名諒(男子個人形優勝)、清水希容(女子個人形優勝)
【指導者】中野秀人、古川哲也

■国際競技大会優秀者等表彰(世界大会入賞、アジア競技大会優勝)
<第22回世界空手道選手権大会>
【選手】荒賀龍太郎(男子個人組手-84kg第2位/男子団体組手第3位)、谷竜一、篠原浩人、香川幸允、飯村吏毅哉、石塚将也、渡邊大輔(以上 男子団体組手第3位)
、小林実希(女子個人組手-55㎏第3位/女子団体組手第3位)、染谷真有美(女子個人組手-61kg第3位)、植草歩(女子個人組手+68kg第3位/女子団体組手第3位)、染谷香予、川村菜摘(女子団体組手第3位)
、木村陽子、森岡実久、柏岡鈴香(女子団体形第2位)
【指導者】樋口大樹、中野秀人、木下知子、稲田保久、佐藤祐香

<第17回アジア競技大会>
【選手】篠原浩人(男子組手-67kg級優勝)、荒賀龍太郎(男子組手-84kg級優勝)、清水希容(女子個人形優勝)
【指導者】香川政夫、林晃、新井彩可

写真
表彰式には有竹隆佐専務理事と、ナショナルチームコーチからは中野秀人、木下知子の両氏、選手からは篠原浩人、森岡実久、柏岡鈴香、植草歩、石塚将也、染谷真有美、川村菜摘の7選手が出席。文部科学大臣からの表彰状と副賞が渡された