2022年ユースオリンピック 空手実施が決まりました

12月3日、国際オリンピック委員会(IOC)が理事会を開催し、セネガル・ダカールにおいて開催される2022年夏季ユース五輪の追加競技として空手を承認しました。

空手は、組手の男女それぞれ3階級、合わせて6種目。2018年にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックの時と同様の種目数ですが、各種目の出場人数は2018年時の8人から増えて12人。6種目合わせて72選手が出場することとなります。

これで空手は2018ブエノスアイレスユース五輪、2020東京五輪、2022ダカールユース五輪と、3大会連続での採用となります。

▽2022ダカールユース五輪実施競技種目▽
https://www.olympic.org/-/media/Document%20Library/OlympicOrg/News/2019/12/YOG-Dakar-2022-Event-Programme.pdf

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる