2019年度全空連1・2級資格審査員研修会開催

8月31日(土)、日本空手道会館において2019年度全空連1・2級資格審査員研修会が開催されました。

この研修会は、公認審判、公認高段位を審査する審査員を対象に行なわれており、今回は76名が参加しました。
開講式で笹川堯・全空連会長は「皆様の努力によって空手道は、大きな歩みを進めることができています。これからは空手を教えるだけではなく、どうやって地域と協調するかを考え、その努力を今以上に皆様続けていただきたい」と挨拶しました。

午前中は、佐藤重徳・中央技術委員長が「資格審査要領及び技術資格について」の講義、原口髙司講師による糸東流の基本形(平安五段)と第一指定形(バッサイダイ・セイエンチン)の実技講習が行われました。
また午後には、阪梨學講師による松濤館流の基本形(平安五段)と第一指定形(ジオン・カンクウダイ)、前田利明講師による和道流の基本形(ピンアン五段)と第一指定形(セイシャン・チントウ)、佐藤重徳講師による剛柔流の基本形(ゲキサイ第二)と第一指定形(セーパイ・サイファ)の実技講習が行われました。

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる