岡山県にて「学校空手道指導者研修会」開催

8月6日(火曜日)、岡山県岡山市の岡山大学教育学部附属中学校において、「学校空手道指導者研修会」(主催:全日本空手道連盟、共催:岡山県空手道連盟・岡山県中学校空手道連盟)が開催されました。

この講習会は、スポーツ庁委託 武道等指導充実・資質向上支援事業により、岡山県空手道連盟と岡山県中学校空手道連盟が主管となり、中学校武道必修化に合わせて保健体育科の先生方などに対し、学校における武道(空手道)指導の充実を目的として実施。

講習会には、岡山県内の中学校から12名の先生方が参加。実際に県内の中学校で空手道の授業を行っている2名の先生からの実践報告の後、小山正辰氏(森ノ宮医療学園ランゲージスクール校長・大阪大学兼任講師・全空連学校武道推進委員会委員)が講師として、突き・受け・立ち方の基本を習得後、中学校武道のための基本形を練習し、さらに基本形学習の発表として3名の団体基本形、約束組手の練習などを行いました。

また、地元岡山県・倉敷市の社会福祉法人 亀龍会(和泉雅一代表)「亀龍園空手道部」が協力し、部員が実技講習におけるサポートを務めました。

写真
参加者一同

写真
日下修次・全日本空手道連盟理事 事務局長の主催者挨拶

写真
和泉雅一・社会福祉法人亀龍会代表

写真
実践報告を行った伊達 洋・倉敷市立庄中学校教諭

写真
実践報告を行った藤村浩一・倉敷市立真備陵南高校講師(元・高梁市立高梁北中学校講師)

写真
小山正辰講師

写真
基本形1の練習

写真
約束組手の練習

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる