平成30年度流派別【基本・形】特別指導講習会を開催

3月16・17・23日にかけて、日本空手道会館において、平成30年度流派別【基本・形】特別指導講習会を開催いたしました。本講習会は空手道の特徴である「形」の研鑽機会とし、参加者の資質向上を目指すもので、16日は剛柔流と和道流、17日は松濤館流、23日は糸東流の講習を行いました。

各日とも開講式の後、流派に分かれて指導が行われました。午前は、「立ち方と運足、突き、蹴り、受け」などの各流派の基本動作について丁寧な説明がなされ、その後、「基本形」を再確認。午後には、分解を交えた第1指定形・第2指定形の講習が行われました。「基本形」、「指定形」ともに講師が各挙動において重要ポイントや形競技での減点箇所などを解説しました。

講師
剛柔流:塩見 明、佐藤重徳、竹川達男、宮崎健太(講師補助)

和道流:柳田俊介、前田利明

松濤館流:津山捷泰、阪梨 學、香川政夫、加藤 昇、在本幸司(講師補助)、遠藤千夏(講師補助)
糸東流:岩田源三

写真
笹川堯・全空連会長

写真
栗原茂夫・全空連副会長

写真
今夏の参議院選挙に出馬予定の糸川まさあき・全空連理事

写真
剛柔流・三戦

写真
剛柔流参加者と全空連役員・講師

写真
和道流・基本

写真
和道流参加者と全空連役員・講師


松濤館流・基本


松濤館流参加者と全空連役員・講師