「平昌オリンピック・パラリンピック冬季競技大会及び国際競技大会優秀者等に係る文部科学大臣顕彰及び表彰」の顕彰・表彰式が7月31日、八芳園「ジュール」(東京都・港区)で行なわれました。

この賞は、文部科学省が2017年度のスポーツ国際大会で活躍した選手・指導者・団体を表彰するものです。

空手道からは、昨年10月に行なわれた第10回世界ジュニア&カデット、21アンダー空手道選手権大会(於・スペイン)での選手・指導者の活躍が表彰され、以下の11名が受賞しました。

■国際競技大会優秀者等表彰 
<第10回世界ジュニア&カデット、21アンダー空手道選手権大会>
【選手】
小崎友碁(アンダー21の部 男子組手-60kg級優勝)
中野壮一朗(アンダー21の部 男子組手-67kg優勝)
杉本りさ(アンダー21の部 女子組手+68kg級優勝)
嶋田力斗(ジュニアの部 男子組手+76kg級優勝)
舟田葵(ジュニアの部 男子形優勝)
森本莉菜(ジュニアの部 女子形優勝)
堺健太(カデットの部 男子組手-52kg級優勝)
内野翔太(カデットの部 男子組手-63kg級優勝)
澤島さくら(カデットの部 女子組手+54kg級優勝)
大内美里沙(カデットの部 女子形優勝)

【指導者】
今井謙一

次の投稿その他の記事を読む