10月10日に代々木公園にて行なわれた「TOKYO2020追加種目みんなで応援キックオフイベント」にて、空手のPRを行ないました。

体育の日にちなんで行なわれた今回のイベントは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催。追加種目となった空手、野球・ソフトボール、サーフィン、スケートボード、スポーツクライミングの紹介がなされました。

空手からは、帝京高校空手道部の皆さんが出演。全種目合同のオープニングイベント、加えて各競技ごとのセッションで空手をアピールしました。空手のセッションでは、空手道部の皆さんによる演武やトークショー、空手体験会を行ないました。
道行く多くの方々が足を止め、その様子をご覧になっていただきました。

写真
PRイベントに参加した6競技の皆さん。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会 スポーツディレクターの室伏広治さんとともに

写真
空手のセッションでは部員全員で基本の突き蹴りを演武。大きな気合いの声が注目を集め、多くの方々が足を止めて見学に訪れた

写真
近藤祐司さん(写真左)の進行により、トークショーで空手の魅力を説明

写真
今回出演した帝京高校空手道部の皆さん

次の投稿その他の記事を読む