• 投稿カテゴリー:ニュース

平成28年鏡開き式・武道始めが1月11日、日本武道館で開催され、開会式に続いて行われた武道功労者及び武道優良団体表彰で公益財団法人全日本空手道連盟の栗原茂夫副会長(教士七段)ら9人が武道功労者として、北海道北広島市など9団体が武道優良団体として表彰されました。

武道功労章を受章した栗原副会長は、長年にわたり空手道の発展・普及拡大に寄与したことなどで受章。栗原副会長は「本当に光栄です。心から感謝したい。学校武道で青少年の育成など、これからも皆さんと力を合わせてやっていきたい」と受章の言葉を述べました。

武道優良団体として表彰された北広島市は、春休みの全国大会、はまなす杯全国中学生空手道選抜大会を10年にわたり全空連とともに開催してきました。上野正三市長は「はまなす杯から空手に関わりこのような表彰を受け大変光栄です。これも市民の皆さんと共に空手に関わったことが表彰になったのだと思い大変嬉しく思います」などとコメントしました。

鏡開きに続いて模範演武も行われ、空手道では、帝京大学空手道部の西原啓太、志村昂紀、本一将の3選手がウンスーの演武と分解を行いました。

写真
武道功労章を受章した栗原副会長(前列中央)、上野正三北広島市長(同左)を囲み、全空連関係者で記念撮影をした

写真
武道功労者・団体表彰の受章者の皆さん(栗原副会長は前列右から5人目、北海道北広島市上野正三市長は後列右から5人目)

写真
模範演武を披露した帝京大学空手道部の皆さん

写真
大将軍に扮し鏡開きをする中曽根弘文元外相(公財・日本武道館理事)