• 投稿カテゴリー:ニュース

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、5月11日開催地による追加種目の絞り込みに向け、希望する各競技団体への応募概要を示し、募集を開始したと発表。

この日、組織委員会が発表した応募可能な競技団体は、すでに立候補を表明している空手道、野球・ソフトボール、スカッシュ、綱引き、ビリヤードなどの他、立候補は表明していないが、相撲、クリケット、アメフット、チェスなどといった合計33の国際競技連盟(IF)。

この33の国際競技連盟に対し、競技人口や世界的な広がり、大会の開催実績などの質問項目を記載した応募書類を既に送付したと報告。

今後は、6月22日までに書類選考を行い、通過した団体を対象に8月初旬にヒアリングを行い選考し、9月30日までにIOCに提案する種目を決める。

最終的な結論は、2016年8月のIOC総会で決定される。