• 投稿カテゴリー:ニュース

1月23~25日にかけて、フランス・パリにて『KARATE1プレミアリーグ パリ』(通称:オープン・ド・パリ)が開催されました。本大会は2015年最初のKARATE1プレミアリーグ大会で、世界68カ国から971名の参加がありました。

WKFが2015年1月1日から実施した新ルールで行なわれ、日本からは選手7名、指導スタッフ2名、審判4名、視察団らが参加。特に組手においては、両手での掴みの禁止などによって、選手の技の変化が観られました。
 
日本選手団は、男子個人形の新馬場一世、女子個人形の岩本衣美里が金メダルを獲得したのをはじめ、4つのメダルを獲得した。

【日本選手団結果】
女子個人形:岩本衣美里 金メダル

男子個人形:新馬場一世 金メダル
女子組手-68kg:染谷香予 銅メダル

女子組手+68kg:植草歩 銀メダル
男子組手-84kg:荒賀龍太郎 3位決定戦

男子組手+84kg:香川幸允 4回戦

男子組手+84kg:近藤大地 3回戦

海外勢も含めた結果はこちら

2015_01_23_1
組手ではビデオ判定導入など、WKFの新ルールで行なわれた

2015_01_23_2
男子個人形優勝の新馬場一世。オープン・ド・パリは2連覇