12月17日、経団連会館(東京都千代田区)で行なわれた「日本経済団体連合会(以下・経団連) 第5回スポーツ推進委員会企画部会」にて、空手道のプレゼンテーションを行ないました。

経団連のスポーツ推進委員会は、2012年に発足。2020年に行なわれる東京オリンピック・パラリンピックに向け、経済界によるスポーツ支援を一段と強化するために活動しています。

会合には、スポーツ関連の大手企業などの役員をはじめ70社が参加。野球・ソフトボールと並び、オリンピック競技入りへの注目が高まっている空手道。その期待度の高さゆえに、野球・ソフトボール関係者とともにこの会合に招かれ、全空連から笹川堯会長、栗原茂夫副会長らが出席しました。

そこでは世界空手連盟事務総長の奈藏稔久氏が『空手道のオリンピック正式種目化を目指した取り組み』と題し、空手道のPRを行ないました。空手道の競技説明、世界的な普及率の高さ、五輪競技実施にあたってのメリットなどを、映像を用いて説明しました。

経済界でのPRは初めてのこととなった今回の会合。参加した役員の多くから、空手道の新たな市場の開拓に向けて大きな一歩となりました。

2014_12_17_1
映像を用い、空手道の競技説明、世界的普及度を通じ、五輪競技としての適合性の高さをアピール

2014_12_17_2
左から栗原茂夫副会長、笹川堯会長、奈藏稔久世界空手連盟事務総長