2015年、神奈川県横浜市でアジア空手道連盟(AKF)第13回アジアシニア空手道選手権大会が開催されることが決定しました。
これを受け、9月5日、全日本空手道連盟の笹川堯会長が、林文子・横浜市長を表敬訪問されました。

林市長はなぎなたの経験者でもあり、「礼節や形(型)の美しさを子どもたちに伝えたい」と、武道に対して深い理解を持っていました。
2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の開催を控えていることもあり、横浜での国際大会開催はオリンピック・ムーブメントを後押しする意味でも空手道関係者から期待を持たれています。全空連と神奈川県空手道連盟では、横浜市と協力を深めながら、準備調整に力を入れていくとのことです。

2014_09_09_1
前列右が横浜市の林市長、同じく左は全空連の笹川会長