ワールドゲームズ2017、日本代表チーム全員メダル獲得

7月25日~26日にポーランド・ヴロツワフにおいて第10回ワールドゲームズ2017 [空手競技]が開催され、日本選手7名は全員がメダル獲得という快挙を達成いたしました。

女子個人形 清水希容 金メダル獲得!
男子個人形 喜友名諒 金メダル獲得!
女子組手-50kg 宮原美穂 銀メダル獲得!
女子組手-68kg 染谷香予 銅メダル獲得!
女子組手+68kg 植草歩 金メダル獲得!
男子組手-84kg 荒賀龍太郎 銀メダル獲得!
男子組手+84kg 香川幸允 金メダル獲得!

非オリンピック種目の総合スポーツ競技大会であるワールドゲームズは4年に一度開催され、「第2のオリンピック」と呼ばれています。空手は1種目に8名が出場し、4名ずつに分かれて予選リーグを行ない、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出します。

2013年のワールドゲームズ優勝者の植草歩は見事2連覇を達成。女子形の清水希容は初出場・初優勝に輝きました。男子形の喜友名諒は世界王者の圧巻の演武で優勝。ワールドゲームズとしては前回の銅から確実に順位を上げた。香川幸允は男子組手最重量級で日本初の金メダル獲得となりました。

また、大会の2日間ともに鈴木大地・スポーツ庁長官が駆けつけて試合を観戦。選手を激励され、加えて表彰式のメダルプレゼンターを務めました。

写真
2連覇を達成した植草

写真
初出場・初優勝の清水

写真
前回3位の喜友名は圧巻の優勝

写真
男子最重量級を制した香川