中南米16ヶ国の大使から空手道オリンピック種目入りの署名が届く

このたび中南米16ヶ国の大使から、「空手道のオリンピック正式種目化」を応援する署名が集まり、2月26日、ドミニカ共和国大使館(東京都港区)にて、全日本空手道連盟の橋本岩樹・常任理事が受け取りました。

この署名が集まったことは、空手道の世界的な人気・支持の多さを示すもので、非常に力強いサポートとなりました。空手道のオリンピック・ムーブメントはこれからも続いていきます。

〈大使の署名が集まった各国〉
ドミニカ共和国、ベネズエラ、ウルグアイ、エルサルバドル、ニカラグア、ボリビア、コスタリカ、グアテマラ、キューバ、ブラジル、パナマ、ホンジュラス、ハイチ、パラグアイ、メキシコ、ジャマイカ

2015_02_26_1

2015_02_26_2