岸田文雄外務大臣を訪問 オリンピック正式種目採用の協力を要請

12月26日、当連盟の笹川堯会長、栗原茂夫副会長、WKF奈藏稔久事務総長らが外務省を訪問し、空手道のオリンピック正式種目採用に向けた協力要請をいたしました。

2020年の東京五輪で、開催地枠でのオリンピック種目採用を目指している空手道。今回は、2020年、そしてその先の2024年大会での正式種目入りを果たすための協力要請もいたしました。

会談は、岸田文雄・外務大臣と城内実・副大臣が臨席し、約30分にわたって開かれました。笹川会長は、空手道の魅力を多方面からアピールし、またこれまでの都議会での決議やTOCOG森喜朗会長、JOC竹田恆和会長との会談の内容など、各地でのオリンピックムーブメントの高まりを説明。2024年大会での正式種目採用へ向け、各国大使への働きかけなどの協力を依頼しました。

岸田大臣は、特に空手道の世界的普及度に深い関心を見せ、「もちろん外務省として、しっかりと応援、支援をさせていただきたい」と、力強いコメントをいただきました。

2014_12_26_1
左から奈藏稔久(世界空手連盟事務総長)、近藤彰郎(全空連メディア広報委員長)、岸田文雄(外務大臣)、笹川堯(会長)、栗原茂夫(副会長)、岩永米人(顧問)