「空手道をオリンピックへ!」安倍晋三総理に要望書を提出

12月22日(月曜日)15時30分より、空手道関係者が安倍晋三内閣総理大臣を訪問、空手道のオリンピック正式種目入りへの支援を求める要望書を手渡しました。

首相官邸を訪れたのは全日本空手道連盟の笹川堯会長、世界空手連盟(WKF)の奈藏稔久事務総長、空手道推進議員連盟の菅義偉会長(内閣官房長官)、竹下亘幹事長、佐藤正久事務局長、笹川博義事務局次長の6名。

会談はたいへん和やかな雰囲気の中で進み、笹川会長、奈藏事務総長よりオリンピック競技としての空手道の魅力・強味や、WKFがIOC認可団体であり、全空連と連携しながら2020年に向けた準備を進めている旨を説明された安倍総理は、「とてもよく分かりました」と納得の表情だったようです。

安倍総理に手渡された要望書には、「我が国の伝統武道である空手道のオリンピック・パラリンピック競技種目採用に向けてIOC並びにJOCに対し強力に働きかけること」と書かれています。

全日本空手道連盟では、安倍総理との面談を皮切りに、2014年末そして2015年にかけて関係諸団体への積極的な働きかけを続けていきます。

要望書(PDFファイル)

2014_12_22_1

2014_12_22_2

2014_12_22_3

写真提供:空手道推進議員連盟事務局