下記に記載されております空手の各大会・研修会・講習会などの申込書類、関連書類をダウンロードいただけます。

※お申込の場合: 参加を希望される方は締切日などをご確認の上、指定の宛先までお申込下さい。

大会

  • 天皇盃・皇后盃 第47回全日本空手道選手権大会

    開催日:2019年(令和元年)12月7日(土曜日)〜8日(日曜日)
    会場:高崎アリーナ

    第1日目(12月7日) 男子および女子組手団体戦(※決勝戦・表彰式まで実施します)
    第2日目(12月8日) 男子および女子組手・形個人戦

    【LIVE 放映予定】令和元年12月8日(日曜日)NHK Eテレ 15:30~17:00(予定)

    競技規定
    (公財)全日本空手道連盟競技規定で行う。

    ◼️男子・女子組手団体戦

    1. トーナメント方式による。(第1回戦での同一地区の対戦は行わない。)
    2. 3位決定戦は行わない。
    3. 競技時間は男子3分間、女子3分間とする。
    4. 勝敗が決定した場合には、次の試合は行わない。

    ◼️男子・女子組手競技個人戦

    1. トーナメント方式による。
    2. 3位決定戦は行わない。
    3. 敗者復活戦は行わない。
    4. 競技時間は男子3分間、女子3分間とする。
    5. 準決勝・決勝戦はビデオレビュー(VR)システムを採用する。なお、VR の手
      続きについては WKF 組手競技におけるビデオレビュー規定を適用する。

    ◼️男子・女子形競技個人戦

    1. 以下の手順によって行われる。
       1. 16名の競技者は2つのグループに分けられる。
       2. 各競技者は、予選ラウンドで1回目の形の演武を行う。
       3. 各競技者は、予選ラウンドで2回目の形の演武を行う。
       4. 各競技者は、予選ラウンドで演武した2つの形の平均点が計算される。
       5. 同点の場合は、競技規定付録15(オリンピック形競技の構成)の手順によって決定される。同点を決するのに記録されている得点の変更はない。
       6. 2つのそれぞれのグループにおいて、上位4名の競技者はランキングラウンドに進出する。予選ラウンドの得点は無視される。
       7. ランキングラウンドにおいて、それぞれ2つのグループから選ばれた4名の競技者は、3回目の形を行い、新たに得点が与えられる。
       8. 2つのグループのそれぞれ1位の競技者が対戦し1位と2位の座を競う。2位の競技者は他のグループの3位の競技者と対戦し3位の座を競う。
    2. 敗者復活戦は行わない。
    3. 演各ラウンドで異なる形を演武しなければならない。一度演武された形は、たとえ同点のときに使用された場合であっても繰り返し使用することはできない。
    4. 演武する形は、全て全空連指定形リスト及び得意形リストより選定すること。予選ラウンド1回目は第1指定形、2回目は第2指定形の中から選ばなければならない。ランキングラウンド以降は得意形とする。

    ◼️大会審判団は、全日本空手道連盟公認審判員により編成される。

    大会実施要項(PDFファイル)

  • 第74回国民体育大会 空手道競技

    開催日:2019年(令和元年)9月28日(土曜日)〜30日(月曜日・祝日)
    会場:茨城県・牛久運動公園体育館

    組み合わせ表(PDFファイル)
    競技日程表(PDFファイル)

  • 第15回全日本障がい者空手道競技大会

    開催日:2019年(令和元年)9月28日(土曜日)
    会場:東京武道館

    出場資格
    (1)選手
    ア.平成31年4月1日現在、10歳以上の身体障がい者及び知的障がい者 (平成21年4月1日以前に生まれた者)とする。
    イ. 身体障がい者は身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規程により、身体障害手帳の交付を受けた者。
    ウ.知的障がい者は厚生事務次官(昭和 8年9月27日厚生省児第156号) による療育手帳の交付を受けた者。
    エ.各都道府県連盟が認定した者であること。
    オ.(公財)全日本空手道連盟会員であること。
     ※前回大会から、精神障がい者(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者)は参加対象から除く。
     ※今大会から、平成31年4月1日現在で10歳未満の者はいかなる場合も出場を認めない。
    (2)監督・コーチ(各1名)
    ア.(公財)全日本空手道連盟会員であること。
    イ.公益財団法人日本スポーツ協会公認空手道コーチ1(旧 指導員)以上、又は都道府県審判員以上の資格を有する者。また、「JKF 会員マイページ」に登録していること。
    ウ.上記イ.の資格を有してない場合は、介護者であれば監督・コーチを代行することができる(ただし事前に全空連に申し出る義務を有する)。
    (3)介護者
    選手の出場に際して、介護者を伴うことを認める。介護者については、特に出場の資格は設けない。

    実施要項(PDFファイル)
    出場申込書(エクセルファイル)
    出場誓約書(ワードファイル)

    出場申込み
    (1)同一者が、形と組手の両方の競技に参加することを認める。
    (2)出場費は、1種目につき3,000円とする。
     出場種目数の合計額を各都道府県連盟事務局で一括して次の口座へ送金すること。

    【振込み口座】
    銀行名:みずほ銀行
    支店名:虎ノ門支店
    口座:普通口座 2955286
    名義:公益財団法人 全日本空手道連盟

    (3) 所定の申込書・誓約書、身体障害者手帳および療育手帳のコピーを整え、各都道府県連盟事務局で一括し、下記住所送付すること。なお、文書の提出と併せて、申込書のデータファイル(監督、コーチ及び選手名簿)を下記アドレスへメールにて送信のこと。

    【宛先】
     〒135-8538 東京都江東区辰巳1-1-20 日本空手道会館
     公益財団法人 全日本空手道連盟事務局(担当 岡﨑・生野)

    【メールアドレス】
     y-shono@ace.ocn.ne.jp

    申込み期限
    ※令和元年7月19日(金曜日)必着(締切り日厳守)

研修会・講習会

  • 2019年度公益財団法人全日本空手道連盟 公認称号及び推薦段位審査会

    開催日:2019年(令和元年)12月6日(金曜日)
    会場:日本空手道会館

    公認称号審査会
    審査方法:称号審査委員会による書類審査

    受審資格
    称号 公認段位 取得年数及び資格 年齢 摘要
    錬士 5段以上取得後
    1年以上
    ・地区審判員(組手・形)
    ・日本スポーツ協会公認空手道上級指導員以上
    40歳以上 指導者として、斯道に功績顕著であること。
    教士 6段以上取得後
    1年以上
    ・錬士取得後1年以上
    ・全国審判員(組手・形)
    ・日本スポーツ協会公認空手道コーチ以上
    ・全空連3級資格審査員以上
    50歳以上 指導者として、斯道に功績顕著であり、技能見識が備わっていること。
    範士 8段以上取得後 ・教士取得後1年以上
    ・全国審判員(組手・形)
    ・日本スポーツ協会公認空手道上級コーチ以上
    ・全空連2級資格審査員以上
    60歳以上 指導者として、徳操高潔、識見高邁にして斯道の範たること。

    (注)
    (1)称号の取得は、錬士、教士、範士の段階をおって申請しなければならない。
    (2)満年齢は称号審査会の開催日を基準とする。

    推薦段位審査会

    受審資格
    推薦段位 推薦段位受審資格 年齢
    8段 受審実績5回以上の者 満65歳以上
    7段 受審実績4回以上の者 満55歳以上
    6段 満45歳以上
    5段 受審実績3回以上の者 満40歳以上
    4段 満35歳以上

    (注)満年齢は、2019年4月1日を基準とする。

    公認称号審査会 実施要項(ワードファイル)
    公認錬士号 審査会受審申込者名簿(エクセルファイル)
    公認教士号 審査会受審申込者名簿(エクセルファイル)
    公認範士号 審査会受審申込者名簿(エクセルファイル)
    推薦段位審査会の開催について(PDFファイル)
    推薦段位受審申込者名簿(エクセルファイル)
    推薦段位受審・公認称号審査申請用紙 注文書(エクセルファイル)

    申請方法
    申請書類及び審査料を都道府県連盟、競技団体、協力団体事務局が取りまとめのうえ、下記宛申請すること。
    【注意】返信用封筒には84円切手を貼付すること。

    〒135-8538
    東京都江東区辰巳 1-1-20 日本空手道会館
    公益財団法人 全日本空手道連盟 指導普及課宛

    振込先:みずほ銀行 虎ノ門支店
    普通預金:NO.1847749
    口座名:財団法人 全日本空手道連盟
    *審査料の振込受領書(写し)を添付して下さい。

    申請期限
    2019年11月20日(水曜日)(必着)

  • 2019年度公益財団法人全日本空手道連盟 公認六段・七段・八段位審査会

    開催日:2019年(令和元年)11月16日(土曜日)〜17日(日曜日)
    会場:エディオンアリーナ大阪(大阪府体育会館)

    審査日時
    六段位:11月16日
    七段位:11月17日
    八段位:11月17日

    受審者の資格基準
    六段位:公認五段取得5年以上(2014年12月16日以前取得者) ※満34歳以上
    七段位:公認六段取得6年以上(2013年12月17日以前取得者) ※満41歳以上
    ◎ 年齢は、審査日の満年齢を厳守とする。
    ◎ 段審査及び資格審査員等の受審基準の経過年数は、当該経過年数の満了日の30日前から認めることができることとする。

    八段位:公認七段取得7年以上(2012年12月17日以前取得者) ※満50歳以上
    ◎ 推薦段位は不可
    ◎ 年齢は審査日の満年齢
    ◎ 段審査及び資格審査員等の受審基準の経過年数は、当該経過年数の満了日の30日前から認めることができることとする。

    公認六段・七段審査会 実施要項(ワードファイル)
    公認八段位審査会 開催について(PDFファイル)
    公認六段位受審申込者名簿(エクセルファイル)
    公認七段位受審申込者名簿(エクセルファイル)
    公認八段位受審申込者名簿(エクセルファイル)
    公認段位受審申請書(エクセルファイル)

    申請方法
    申請書類及び審査料を都道府県、競技団体、協力団体事務局が取りまとめのうえ、下記宛に郵送とメール(Excelデータ)で提出すること。
    【注意】返信用封筒には84円切手を貼付すること。

    ■郵送先
    〒135-8538
    東京都江東区辰巳 1-1-20 日本空手道会館
    公益財団法人 全日本空手道連盟 指導普及課宛

    ■Excelデータ提出先
    全日本空手道連盟 指導普及課 大井 悠矢
    E-mail: y-ohi@chic.ocn.ne.jp

    振込先:みずほ銀行 虎ノ門支店
    普通預金:NO.1847749
    口座名:財団法人 全日本空手道連盟
    *審査料の振込受領書(写し)を添付して下さい。

    申請期限
    2019年10月18日(金曜日)(必着)

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる