大阪で公認六段・七段位審査会を開催

11月17日(土曜日)・18日(日曜日)の2日間にわたり、「平成30年度公益財団法人全日本空手道連盟公認六段・七段位審査会」が、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)において開催されました。

17日の六段位審査の受審者は83名。
栗原茂夫・副会長が、「皆さんの熱意と向上心に、敬意を表します。六段位は、高段位の登竜門です。日頃、稽古で鍛錬された技術を存分に発揮してください」と受審者を激励しました。

審査長を務めた阪梨學・常任理事は、「今日に至るまで、それぞれの場所で修錬を積まれたことと思います。多くの方が六段位に合格されて、日本の空手道の中核となり、技術を伝えていただきたい」と挨拶しました。
午前中に筆記試験があり、続いて実技試験(形・組手)が行われました。

18日は七段位審査会が行われ、37名が受審しました。

審査結果は後日、書面にて個人と所属団体に通知されます。

写真
受審者を激励する栗原茂夫副会長

写真
審査長を務めた阪梨學常任理事

写真
公認六段位形審査

写真
公認六段位組手審査

【世界選手権3日目結果】男女とも団体形決勝へ。パラ空手、大庭が決勝進出

スペイン・マドリードにおいて開催されているWKF第24回世界空手道選手権大会。大会3日目は、男女団体形、男女団体組手1回戦と、パラ空手が行われました。

続きを読む 【世界選手権3日目結果】男女とも団体形決勝へ。パラ空手、大庭が決勝進出