東京2020オリンピック 出場権確定選手を発表

3月18日、世界空手連盟(WKF)が、東京2020オリンピックの出場権が確定した選手を発表しました。

全8種目で、各種目1名ずつの開催国枠がある日本選手、加えて東京オリンピック専用ランキングである「TOKYO2020オリンピックスタンディング」での出場権確定選手の各種目4名の計40選手が発表されました。

当初は4月6日のオリンピックスタンディングでの発表と予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で出場権を争うポイント対象の国際大会が中止となり、スタンディングの基準日を早めて出場選手が確定することとなりました。

【世界空手連盟ホームページでの発表(英文)】
https://www.wkf.net/news-center-new/meet-karates-first-qualified-athletes-for-tokyo-2020/1256

【日本 出場権確定選手】

男子形
喜友名諒(劉衛流龍鳳会)

女子形
清水希容(ミキハウス)

男子組手-67キロ級
佐合尚人(高栄警備保障)

男子組手-75キロ級
西村拳(チャンプ)

男子組手+75キロ級
荒賀龍太郎(荒賀道場)

女子組手-55キロ級
宮原美穂(帝京大職)

女子組手-61キロ級
染谷真有美(茨城県職)

女子組手+61キロ級
植草歩(JAL)

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA) Global DRO/スポーツファーマシスト JALは全空連のオフィシャルエアラインです。 国内ツアーはこちら JALパックを使ってナショナルチームを応援しよう。 海外ツアーはこちら 最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじのように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。 私たちはtoto助成を受けています 日本雑貨店

メニューを閉じる