期日:令和3年4月3日(土曜日)・4日(日曜日)・24日(土曜日)・25日(日曜日)
会場:日本空手道会館
令和3年度の審査は東京会場のみで開催
※受審日は4日間の中から1日を(公財)全日本空手道連盟が指定をする(受審者による日にちの指定はできません)
※令和3年度は「規定講習会のみ」の申込はいたしません

※3月3日(水曜日)~5日(金曜日)の期間に受審日を当連盟ホームページに掲載いたします。

対象者
(1)全国組手審判員新規受審者(次の条件を満たす者)
 1.公認4段位以上(推薦段位は除く)
 2.地区組手審判員資格取得後3年以上(2018年4月3日以前取得者)
 3.空手道歴11年以上(満15歳より数える。) 
 4.満30歳以上(審査日の満年齢)
 5.日本スポーツ協会公認空手道コーチ1以上 ※有効期限切れは不可

(2)全国組手審判員更新者(次に該当する者)
 1.現在の有効期限が、2022年3月31日の者
 2.現在の有効期限が、2023年3月31日の者
※日本スポーツ協会の指導者資格をお持ちでない方も全国組手審判員資格の更新は可能です。

注)2020年度日本スポーツ協会公認空手道コーチ1養成講習会修了者についても、全国組手審判員の受審をお認めします。受審申込時に養成講習会実施都道府県連盟発行の指導員養成講習会専門科目修了証の写しを提出してください。

受講料
 1.全国組手審判員新規受審者 25,500円(フェイスシールド代含む)
 2.全国組手審判員更新者 35,500円
 (受講料25,000円+更新料10,000円+新会員証発行手数料500円)
 ※一旦納入した受講・審査料は返却しません。
 ※実技審査時フェイスシールド及びビニール手袋を使用(当連盟が用意したもの)

開催要項(ワードファイル)
申込書(エクセルファイル)
講習会日程(ワードファイル)
連絡先等確認用紙(ワードファイル)
健康管理チェックシート(エクセルファイル)
特別宿泊料金のご案内(ワードファイル)
宿泊申込書(エクセルファイル)

申込方法
(1)都道府県・競技団体事務局で申込書及び受講・更新料を取りまとめ受講・審査会申込者名簿を作成のうえ、一括して申込んでください
※書類とあわせてExcelデータを下記メールアドレスにお送りください。
※書類、Excelデータに不備があった場合は受理できませんので予めご承知おきください。

(2)会員更新手続き中の方は証明書を添付してください。
(3)2020年度日本スポーツ協会公認空手道コーチ1養成講習会専門科目修了者は養成講習会実施都道府県連盟発行の修了証を申込書と合わせて提出してください。
(4)返信用封筒を必ず同封してください(※長3形封筒に住所、氏名を記載し84円切手を貼付)。
* 受審資格及び返信用封筒については、各団体で十分にご確認のうえ、申込んでください。
* 受講・受審者の遅刻・早退は認めません。

送付先:
〒135-8538 東京都江東区辰巳 1-1-20 日本空手道会館
公益財団法人 全日本空手道連盟 指導普及課宛

Excelデータ提出先:
公益財団法人 全日本空手道連盟 指導普及課 大井 悠矢
E-mail:y-ohi@jkf.jp 

振込銀行:
みずほ銀行 虎ノ門支店 普通預金 NO 1847749
口座名 (公財)全日本空手道連盟

申込期限
※書類:令和3年2月24日(水曜日)必着(締切後は一切受付けません。)
※Excelデータ:令和3年2月24日(水曜日)16時まで

受講・受審料入金期間:
令和3年3月15日(月曜日)~24日(水曜日)
※期間外の入金はご遠慮願います。

更新者の課題
下記1~2より1つ、3~5より1つを選択し800字以内で考えを述べよ。(計2問)
様式の指定は設けない(自筆、パソコンどちらでも可)ただし、選択した番号がわかるようにすること。
 1.審判員としての心構えをいくつか述べよ
 2.大会における審判員の目的及び重要な役割をいくつか述べよ
 3.10秒ルール(テンセコンドルール)が成立した場合、主審の詳細な手順及び違反の判定例を述べよ 
 4.主審が得点を与えた後、「続けて始め」の前に相手の顔面部より出血が見られた場合、又はそれが再開後であった場合どのように処理するか述べよ
 ・試合再開前-
 ・試合再開後-
 5.「誇張」と「装い」の違いを説明し、それぞれの具体的な事例を述べよ

更新者の課題提出方法
都道府県・競技団体事務局が課題を取りまとめて、ご提出をお願いいたします。
個人からのご提出は受付ません。

<提出先>
〒135-8538 東京都江東区辰巳1-1-20 日本空手会館
(公財)全日本空手道連盟 指導普及課宛
※封筒に「全国組手審判員更新レポート在中」と記載してください
提出締切日:令和3年4月2日(金曜日)必着(締切後は一切受付ません)

その他

  1. 宿泊・飲食施設
    日本空手道会館付近には、宿泊施設及び多人数が利用できる飲食施設がありません。
    上記の「宿泊申込書」で各自ご手配することをお勧めします。お弁当の斡旋は行いませんので各自ご手配をお願い致します。
  2. 合格者の発表は5月中旬以降にホームページにて掲載いたします。全空連への直接の問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
  3. 更新者でレポートをご提出された方は、新しい会員証を郵送いたします。住所変更をしていない方はマイページより変更をお願いいたします。
  4. 3月3日(水曜日)~5日(金曜日)の期間に受審日を当連盟ホームページに掲載いたします。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

  1. 密にならないよう受審日を分けて実施いたします。
  2. 下記項目に該当する方は、講習会の参加を見合わせてください。
    • 体調が優れない方
    • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方
    • 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方
  3. 入館時に検温を行い、発熱等がある場合はお帰りいただくことがございます。
  4. 健康チェックシートを事前に記入し、検温時にご提出ください。
  5. 連絡先等確認用紙を事前に記入のうえ、受付時にご提出ください。
  6. 会館の中ではマスクの着用をお願いいたします。
  7. 他の参加者、スタッフと距離を確保し、大声で会話しないでください。
  8. こまめな手洗い、消毒の実施をお願いします。
  9. 新型コロナウイルスに感染した場合は、必ず本連盟に報告してください。
  10. 講習会後、大勢での食事は自粛してください。
  11. その他、本連盟の措置、指示に従っていただきますようお願いいたします。
  12. 受審者以外の来館は禁止いたします。また、受審者は審査終了後速やかにお帰りください。(試験を見学する等の行為は禁止)