シリーズA2018ザルツブルグ大会 日本から68選手が参加

3月2日~4日にオーストリア・ザルツブルグにおいて開催された『KARATE1 シリーズA2018ザルツブルグ大会』。2011年から始まったKARATE1において、史上最多を更新する、88の国と地域から延べ1596人のエントリーがありました。

2018年から自由参加となった日本からは、個人68選手、団体1チームが出場しました。
実質の2018年度ナショナルチーム選考対象大会の最後である今大会に多くの参加があり、合わせて金メダル4個、銀メダル6個、銅メダル5個を獲得しました。

【大会結果】
KARATE1 シリーズA2018 ザルツブルグ大会結果

【世界空手連盟ホームページ・大会詳報ページ】
https://wkf.net/karate1-main/38/

【日本選手のメダル獲得者】
女子個人形:清水希容 金メダル
女子個人形:清水那月 銀メダル
女子個人形:岩本衣美里 銅メダル
女子個人形:大野ひかる 銅メダル

男子個人形:本一将 金メダル
男子個人形:西山走 銀メダル
男子個人形:新馬場一世 銅メダル
男子個人形:堀庭裕平 銅メダル
男子団体形:糸東会チーム(村田望留・大上健・大家廉) 金メダル

女子組手-50kg:遠藤千夏 銀メダル
女子組手-61kg:染谷真有美 銀メダル

男子組手-67kg:船橋真道 金メダル
男子組手-67kg:五明宏人 銅メダル
男子組手-75kg:崎山優成 銀メダル
男子組手-84kg:小池麻琴 銀メダル