平成30年度公益財団法人全日本空手道連盟 公認称号及び推薦段位審査会

開催日:2018年(平成30年)12月7日(金曜日)
会場:日本空手道会館

公認称号審査会
審査方法:称号審査委員会による書類審査

受審資格
称号公認段位取得年数及び資格年齢摘要
錬士5段以上取得後
1年以上
・地区審判員(組手・形)
・日本スポーツ協会公認空手道上級指導員以上
40歳以上指導者として、斯道に功績顕著であること。
教士6段以上取得後
1年以上
・錬士取得後1年以上
・全国審判員(組手・形)
・日本スポーツ協会公認空手道コーチ以上
・全空連3級資格審査員以上
50歳以上指導者として、斯道に功績顕著であり、技能見識が備わっていること。
範士8段以上取得後・教士取得後1年以上
・全国審判員(組手・形)
・日本スポーツ協会公認空手道上級コーチ以上
・全空連2級資格審査員以上
60歳以上指導者として、徳操高潔、識見高邁にして斯道の範たること。

(注)
(1)称号の取得は、錬士、教士、範士の段階をおって申請しなければならない。
(2)満年齢は称号審査会の開催日を基準とする。

推薦段位審査会

受審資格
推薦段位推薦段位受審資格年齢
8段受審実績5回以上の者満65歳以上
7段受審実績4回以上の者満55歳以上
6段満45歳以上
5段受審実績3回以上の者満40歳以上
4段満35歳以上

(注)満年齢は、平成30年4月1日を基準とする。

公認称号審査会 実施要項(ワードファイル)
推薦段位審査会の開催について(ワードファイル)
推薦段位受審申請書(PDFファイル)
※公認称号の申請書は所属団体を通じてご購入いただきお申し込み下さい。

申請方法
申請書類及び審査料を都道府県、競技団体、協力団体事務局が取りまとめのうえ、下記宛に申請すること。

〒135-8538
東京都江東区辰巳 1-1-20 日本空手道会館
公益財団法人 全日本空手道連盟 指導普及課宛

振込先:みずほ銀行 虎ノ門支店
普通預金:NO.1847749
口座名:財団法人 全日本空手道連盟
*審査料の振込受領書(写し)を添付して下さい。

申請期限
平成30年10月26日(金曜日)(必着)